FC2ブログ

よーしこちゃんがやってきた。 

けっこうマメにブログを書いてた私ですが、ここ三日程、よしこちゃんという3年ぐらい前にブザンソンに住んでいた女の子が遊びにきてくれて、ちょっとさぼってしまいました。

その間に、漫画家フレッド ネイダルト氏にリンクされて、突然1000人という人たちが(しかも日本語の読めないフランス人)私のブログに訪れてしまった。彼のブログには一日1万人の人が訪れるという。オソロシイ。
わざわざ英訳して読もうとした人もいたみたいで、ちょっとフランス語でレシピくらい添えようかと検討中。

さてさて、ここ3日間、何をしていたかというと、まず、火曜日にブザンソンに着いたよしこちゃん歓迎のため、フーさん、ユーさんを誘ってうちで食事。

クロード クルトワのクワルツ1999年に合わせて、洋梨とブルーチーズ ロックフォールのタルトを焼きました。
P1020481.jpg

メインには,ハーブをまぶしてフライパンで焼いた大きな骨付きばら肉côte de boeufに、皮ごと素揚げした小さな新ジャガと、トマトとクルジェットのチアンを。
P1020482.jpgP1020500.jpg
フーさんデザインのラベル付き、マス クトゥルの赤ワインのマグノムと一緒に。

その次の日は夏期休暇前最後のお寿司の日。
暑いし、今日こそは人があまり来ないだろうと読んだら、またまたすごい人。
パリに一歩も二歩も遅れて、ブザンソンでは今、お寿司が大ブームみたい。
ありがたいことに、助っ人よしこちゃんが走り回ってくれて、大助かり。
よしこちゃんもお寿司をにぎりながら、「なんで私フランスでこんなことしてんやろ?」って自問自答してました。気にするな、気にするな、ははっ。とにかく助かりました。ありがとね!

そして最後の日は、ファブリスがプルサールのぶどうで作った赤ワイン「プルプル」の発泡酒を開けてみることに。
冷凍庫でキンキンに冷やしておいたのにも関わらず、ふたを開けようとすると、あまりの圧力に噴射してしまいそうなので、すこ~しずつガスを抜きながら開けるファブ。

P1020524.jpgP1020525.jpg

なんとか開いたけど、ガスは抜けてしまっていて、発泡酒ではなくなってました。
残糖も全くなくタンニンもあって、赤ワインとしてはおいしかったけど、発泡酒を作るのは難しいんだね。
でも、ファブはあれこれ反省点をあげ、2007年にはプルプルの発泡酒を完成させるって意気込んでました。がんばれ。

よしこちゃんとの最後の夜に発泡酒を飲みたかったので、ティエリー ピュズラの発泡酒「ペティヨン ナチュレル」を新たに開けることに。

P1020528.jpgP1020531.jpg

うーん、これもあまりガスはなかったけど(これらの発泡酒はシャンパーニュ方式とは違って、酵母や砂糖を加えず、ぶどうの力だけで発泡させる方式だから作るのはかなり難しい)、おいしい!
フルーティーで一気に一本開けちゃいました。
お酒の弱いよしこちゃんはけっこう酔っぱらっちゃったね。
ザンザンに来たら、まっ、それは通らなければならぬ道よ。ほほ。

次の日の朝、TGVに乗って、よーしこちゃんはパリへと発っていきました。

スポンサーサイト