FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年10月 

ポム・マロデでタルトタタン 

シャモニーの方の別荘から帰って来たファブリスの両親から、どっさり「ポム・マロデ」のお土産。

P1030848.jpg

ポム・マロデ(pommes maraudees)とは、リンゴの種類ではございません。
盗んで来たリンゴという意味です。
きゃぁ、恐ろしいと思わないで。
田舎の方にはたくさんの果物をつけた果樹が放置されていて、次々に落っこちる果物はそのままだれにも食べられず腐っていくのです。
もったいないでしょ。しかもそういう果物は何の薬も与えられず、自然でおいしいの。
だからファブリスの両親はそういう果物を見つけるともったいない病で放っておけないようで、いっぱい持って帰るのです。
(もちろん人の家の庭には入りませんよ~。念のため。)

ただ落っこちたリンゴなので傷むのが早いから、急いで食べなくてはいけません。
ということで、タルトタタンを作りました。

小麦粉とエポートル粉を半々に混ぜたもの(もちろん小麦粉だけでもOK)にその半分強のバターを加え、ぱらぱらと混ぜ合わせます。

P1030845.jpgP1030846.jpg

水を少しずつ足して、こんなかんじ(写真右)の固まりにします。
(生地が硬くなってしまうので練りすぎないこと!)

少し深めの型の底に砂糖をふり、直接火にかけてキャラメルを作ってしまいます。
キャラメル色になったらバターを一かけ加え、よく混ぜて火を止めます。

P1030854.jpgP1030855.jpg

キャラメルが冷めたら、4等分にしてむいたリンゴを敷き詰めます。

寝かしておいた生地を伸ばして、リンゴの上にかぶせ、フォークで穴をあけます。

P1030860.jpgP1030861.jpg

約200°のオーブンで30分ほど焼きます。
オーブンから出して5分ほどしたら裏返します。
(あまり早く裏返すとキャラメル部分が固まっていないため汁が出て裏返しにくい。)

P1030873.jpg

タルトタタンの一番大切なポイントはリンゴ。
水分が多く酸味の少ないものは合いません。
焼いているうちにリンゴが煮くずれてしまったり、水分が出過ぎたりして、
きれいなキャラメル色のリンゴになりませんので要注意。
その点、ポム・マロデは最適です。皆さんもポム・マロデを使いましょう。ふふふ。

スポンサーサイト