FC2ブログ

豚の血ソーセージ 

その名も「ブーダン・ノワール」。

フランスで一番最初に食べたのは、ワイン生産者クロード・クルトワのお家。
彼のうちには家畜がいっぱいいて、お肉や卵は自給自足。
「これはマドンナ(牛の名前)だよ。」って名前付きでお肉料理をだしてくれます・・・。

ある日、豚一匹を潰してその血でブーダンを作ったからと、できたてほやほやの自家製ブーダンをごちそうしてくれることに。
そして、とぐろを巻いたブーダンが焼かずにどかんとテーブルに置かれました。
クロードは、「このクリーミーな食感がいいから、とにかくこのまま食べてみろ。」と、おびえる私たちにほとんど強制。う~っ。
で、食べましたよ。
一応一度は火が通ってるとはいえ、ねちょっとして、生ぬるい血を食べてるっていう感触がちょっとねぇ。

それ以来ブーダンはなるべく避けていましたが、先日、マルシェのファーム直売のお肉屋さんのブーダンを試してみました。

P1040732.jpg

ゆでたジャガ芋と四等分にしたリンゴと一緒にオーブンで焼いただけ。
さっぱりしていて臭みも全然なくて、おいしかった。
ただ、リンゴはフライパンで別にキャラメリゼして焼けばよかったかも。
また挑戦しよっと。

スポンサーサイト



これはいけます。 

居酒屋風手羽先の唐揚げはいかがですか?

鶏から2

金曜日のマルシェで鶏の手羽をたんまり買ったので、何にしようかとネットで見てたら、見つけちゃいました。とってもおいしいレシピ。

   ー材料ー
  
    手羽 人数分
   <たれ> 
    ニンニク 2かけ
    醤油   1/2カップ
    酒    1/4カップ
    みりん  1/4カップ
    砂糖   1/4カップ
    蜂蜜   大さじ2
    ごま   大さじ2 

たれの材料を火にかけてよく混ぜ合わせ、休ませておきます。
手羽は二等分にして、片栗粉をまぶして2度揚げします。(最初はじっくり、2度目はからりと)
熱いうちにさっとたれにくぐらせて出来上がり。
ぴりっとしたのが好きな人は白胡椒をたっぷりかけても。
ニンニクが利いてて、ほんと病み付きになるおいしさ。
鶏肉があまり好きじゃないファブもがつがつ食べてました。

ちなみにこのたれは瓶に入れて保存が利くそうですよ。
他にも使えそう。

こちらのサイトを参考にしました。