FC2ブログ

BAVETTE(バヴェット) 

お昼ごはんはビストロ風に、ステック・フリット(ステーキとフライドポテト)。
一度インポーターのヤスコさんに連れて行ってもらったパリのステーキ屋さん「LE SEVERO」で食べた、牛のバラ肉bavetteのステーキが忘れられず、それ以来たまに食べたくなって買ってしまう。(どこかのお宅もそうだよね。)

P1020624.jpg

いつものお肉屋さんの前を通ったら、きれいなバヴェットがありました。ラッキー。
ちなみにこのバヴェット、牛の後ろ足に近い脇腹の部分なので、噛み応えがあって(といっても噛み切れな~いって感じじゃなく、ちょっとシコシコした感じ)、味もあるのよ。
エシャロットで食べるのが定番です。

P1020620.jpgP1020626.jpg

バヴェットはたたいて、塩こしょうをして、少しの油で焼きます。
好みの焼き加減になったら、肉を取り出し、赤ワインでデグラセし(今日はドメーヌ デ グリオットの“ラ グリオット”のマグノムの底に残ったワインを使用。ちょっとアニマルなにおいになっちゃったわ。)、エシャロットを加えて煮立たせ、バターを加えます。

新ジャガのおいしい季節ですから、フリットは皮のまま素揚げして塩こしょう。

簡単・おいしいビストロ料理、ステック・フリットのできあがり!

P1020634.jpg

エシャロットがワインをたっぷり吸い込んでいて、おいしかった!
やっぱりバヴェットにはエシャロットだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「LE SEVERO」      
 8,rue des plantes 75014 Paris
 01.45.40.40.91        

*お肉好きの人に、パリに行ったらぜひ寄ってほしいお店。
 お肉に合うおいしいワインもいっぱいあります。
 とても小さなお店なので要予約。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zinzinnikki.blog101.fc2.com/tb.php/42-9147bb76