FC2ブログ

タジンヌもどき 

これはパティソン。

P1030166.jpg

中の種を取りそのまま皮ごと食べられる、形はカボチャ、味はクルジェットのような野菜。
今日はこのパティソンと黄色のクルジェット、茄子とトマトとそして乾燥イチジクで、子羊のタジンヌを作りました。
タジンヌは普通、それ専用の煙突のような蓋のついた焼き皿で作るけど、そんな物は持ってないので鍋ごとオーブンに入れて作りました。

作り方は・・・
塩、こしょうをした子羊の肉の表面を焼いておきます。
タマネギ、ニンニク、ショウガをオリーブオイルで炒め、ザクザクと切った野菜といちじくも加え、塩、こしょう、スパイス(クミン、コリアンダー、シナモンなど)を入れ、さらに炒めます。
焦げ付かないようにほんの少し水を加え、肉を戻し、ふたをして、220度のオーブンで40~50分ほど焼きます。
ふたを取りさらに10分ほど焼いたら出来上がり。
本当のタジンヌはタジンヌ器でガスの上で弱火で煮るけれど、オーブンにどかんと入れてしまいました。こうすると野菜が煮くずれなくていいのです。
でも、いつか本格的タジンヌを作ってみたいな。
今回はもどき専門家がお送りするタジンヌもどきでした。

P1030177.jpg

本当は香菜をのせるけれどなかったのでパセリをのせました。(ますますもどき。)

日本で買ってきた貝印の野菜の千切り器のよく切れること。
千切りした人参のサラダとクスクスのスムールと一緒に。

P1030185.jpgP1030180.jpg

クレープを食べたくなったファブリスが、マロンのアイスでデザートを作ってくれました。
P1030189.jpg

ちょっとレストランみたい?
とってもとってもおいしかった!
ワインショップやめてクレープ屋できるかも。

明日から3週間ほど海に向かって旅行に行きます。
(まだ行き先はきちんと決まっていないのだ。)
写真いっぱい撮ってきます!
それでは行って参りま~す。

スポンサーサイト



コメント

海に向かうんですね。
相変わらずの予定は未定な感じがステキです♪
気を付けて下さいね~。

おかえりなさい!?

もう帰ってきている頃でしょうか。
どちらへ行ってきたのですか?
ざんざん日記、初めて読ませていただきましたが何だか美味しそうな写真がいっぱい!
さっそくお気に入り登録しちゃいました。
たくさんお料理教えてくださいっ!
そしてまたざんざんに色付きの文字行きたいなぁ~。

ダイ君、そのとおり。
今回も予定は未定で、気の向くまま、お天気のいい方へと向かっていきました。
今年のフランスの夏はどこも“時化た”夏だったみたい。だからお天気が崩れてくるとそこを離れ、お天気のいい方へと逃げていったのだ。というより青空が私たちについてきてくれたって感じでまことにラッキーな旅でした。うっふ。


YUKAちゃん、お気に入り登録、どうもありがとう!

昨日の夜、やっと帰って参りました。
シャモニーからイタリアに渡りそのまま下って南仏に行き、スペインに少し寄り、フランスのアキテーヌ地方に行き、最後にワインを買い付けてブザンソンに戻ってきました。
はぁ、海はいいなぁ。
おかげで二人とも真っ黒ですけど・・・。

おかえりなさ~い。
そろそろ収穫もしないといけないんじゃないですか?忙しいでしょうが、頑張って下さい。今年のワイン情報もまたよろしく♪

今年はプルプル・ヌーヴォーどうなるのかな?
プレスしたぶどう液を買って作るかも。

今回訪れたドメーヌは、ティエリー・ナヴァーと、ラングドックのビオのドメーヌ、カゾー・デ・マイヨール、エリオン・ダロス、マルク・ペノー、ギ・ボサール。
エリオン・ダロスは12ヘクタール(畑の60%も!)雹にやられちゃったそう。
ギ・ボサールも悪天候のせいでけっこう大変そう。でも、それ以外は今年の収穫は今のところいい感じに行きそうよ。
ファブによれば、南は比較的いい年で北は雨が多くカビに悩まされているそうです。

そうですかぁ。大変なんですねぇ。
北の病害は結構耳にします。今年は難しい年になるのかなぁ?
ティエリー・ナヴァーってサン・シニアンの人ですよね?あぁ、彼のワインが飲みたい。赤も、あの紅茶っぽいやつも♪

南はけっこういい年になるんじゃないのかしら。

ティエリー・ナヴァーの紅茶っぽいのってグルナッシュのこと?
ちなみに日本には彼のワインは入ってないのかな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zinzinnikki.blog101.fc2.com/tb.php/56-acde4fa7