FC2ブログ

豚の血ソーセージ 

その名も「ブーダン・ノワール」。

フランスで一番最初に食べたのは、ワイン生産者クロード・クルトワのお家。
彼のうちには家畜がいっぱいいて、お肉や卵は自給自足。
「これはマドンナ(牛の名前)だよ。」って名前付きでお肉料理をだしてくれます・・・。

ある日、豚一匹を潰してその血でブーダンを作ったからと、できたてほやほやの自家製ブーダンをごちそうしてくれることに。
そして、とぐろを巻いたブーダンが焼かずにどかんとテーブルに置かれました。
クロードは、「このクリーミーな食感がいいから、とにかくこのまま食べてみろ。」と、おびえる私たちにほとんど強制。う~っ。
で、食べましたよ。
一応一度は火が通ってるとはいえ、ねちょっとして、生ぬるい血を食べてるっていう感触がちょっとねぇ。

それ以来ブーダンはなるべく避けていましたが、先日、マルシェのファーム直売のお肉屋さんのブーダンを試してみました。

P1040732.jpg

ゆでたジャガ芋と四等分にしたリンゴと一緒にオーブンで焼いただけ。
さっぱりしていて臭みも全然なくて、おいしかった。
ただ、リンゴはフライパンで別にキャラメリゼして焼けばよかったかも。
また挑戦しよっと。

スポンサーサイト



コメント

黒ブーダン

これを美味しそうにバクバク食べれるようになったら一人前(?)と思っていました。
でも未熟者のまま帰国。い・・・いつかきっと!


こっちは花粉症でヒイヒイ言ってます。
もうすぐ桜が咲くというのに。

私は一度食べたことありますけど、好きでしたよ。きっと臭みがないやつだったのかも。リンゴ合わせるのいいですね。

猫ヶ原さん、久しぶりー!
ブーダン、猫ヶ原さんでも食べたことなかったのね。血というのとあの色がちょっと食欲をそそらないもんね。
でもね、レバーみたいなかんじよ。
レバーが嫌いな人はだめだけど・・・。
花粉症かぁ。かわいそうに。
と、人ごとみたいに言ってると自分にもやってくるのよ、きっと。

hikaluさん、こんにちは。
さすが通ですね。挑戦済みですか。
私が一番おいしかったのは、リヨンにある、石田さんというシェフがやっているレストランで食べたもので、太めのブーダンを輪切りにして表面をカリカリに焼いて、その上に同じ大きさのビーツの輪切りを重ねてあって、あれはいけました。

何度か

お呼ばれとかで食べたことはあるけど、他のお肉みたいに自分で購入・調理はやっぱりできませんでした。なんかどう扱っていいのかわかんなくて(笑)。

でも好きな料理もあるよ。マリアのママが作ってくれた黒ブーダンの入った炊き込みご飯(?)は「あれをまた作って!!」とお願いするほど好きでした。パエリアほど重くなく、日本人好みの優しい味だったからかな。ブーダンも1本を皆で分けて食べたし。
うーんまた食べたい。
っていうかそっちに行きたい(笑)。

そっか、やっぱり食べていたのね。
好奇心旺盛な猫ヶ原さんにしてはおかしいなと思ったのよね~。クク。
マリアのお母さんの黒ブーダン入り炊き込みごはん、いいねぇ。おいしそう。
パエリアをブーダンで作る感じなのかな?

ほんと、ずっとブザンソンに来てないもんね。
この前ラフが、猫ヶ原さんの近況知りたがってたよ!

ももこさん、こっちにもお邪魔しました!
なんか、ゆうこさんから、美味しいブログをやっているという話を聞いていましたが、ほんとに美味しそうな写真が沢山あるし・・・。
私のLUMIXではこんなに美味しそうに撮れないのは、料理の腕の違い?!
パックの休みに入って、私とれいは、フレッド先生にBDの弟子入りをしています。
そういえば、こないだ新居で撮った写真が何枚かあるけど、どこにお送りすればいいでしょう?
なんだかまとまらない文章でごめんね。
近いうち、またzinzinsに遊びに行きます~!

fuzukiさん、こんにちは。
ざんざん日記はなかなか更新できません。へへ。
fuzukiさんはホント、マメにしてるよね。すごいなぁ。
また、イラストものせてね。(フーさん弟子入り後の・・・。)

最近、かなり飲めるようになったんじゃない?ザンザン通いのせいで。ふふふ。
また来てね。お待ちしておりま~す。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zinzinnikki.blog101.fc2.com/tb.php/88-a804d607